【乾燥肌のクリーム】保湿できないと諦める前に知っておきたいこと

数多くの保湿クリーム、貴方が使うべきクリームの選び方とは?

『ついに私も乾燥肌の仲間入りかぁ……』そう思ってクリームを選ぼうとした時、『……どれを選べば良いんだろう?』迷った挙句、何も理解しないまま製品を選んで後悔したことはありませんか?

 

もしもその製品を使い続けて乾燥肌が改善されたなら、貴方の肌に合っているということですし、いつまで経っても改善の兆しが見られない、または悪化してしまうのなら、肌に合っていない証拠です。

 

たかがクリームだからといって適当な選び方をしていては改善など期待出来るはずがありません。

 

では、いったいどのような選び方をすれば良いのでしょうか?

【自分に合ったクリームの選び方】

一番に優先したいのが『使い心地』です。
使い心地が悪いとどうなるでしょうか?

 

乾燥する時期は常にクリームを塗らなければならず、一日でも怠ってしまうとあっという間に乾燥してしまうでしょう。
しかし、使っているクリームの油分が多かったり、短時間でクリームが落ちてしまう場合があります。

 

そのようなクリームを使い続けていると肌が常にベタベタしたり、すぐにクリームが落ちるのでいちいち塗らなければなりません。
そうなると煩わしくなったり、クリームがすぐになくなってしまうのでかなりの費用がかかってしまいます。

 

この状態を避けるべく、まず自分の肌に合っているかどうか実際に試してみましょう。

 

事前の知識は確かに重要ですが、自分の肌を完全に理解するのは難しいので最初はトライアル商品に入っている保湿クリームから試すと失敗が少なく済みます。

【含まれている成分にも気をつけよう】

大抵は保湿成分が含まれていますが、それ以外にも様々な成分が含まれているのです。

 

乾燥肌にも様々な状態があり、成分によっては違う効能が現れることもあるので、クリームを購入する際には成分の知識を知った上で成分表をしっかりと確認しましょう。

 

たとえクリームを使うのが初めてでも慌てずに事前知識を学んで、失敗のないクリーム選びをしましょう。

 

クリームの付け方も知らず知らずのうちに間違った付け方をしていることもあります。
ここでは一般の方にどのように保湿クリームを付けているのかうかがってみました。

乾燥肌用クリームってたっぷり付ける?それとも少なめ?

 

【乾燥用クリームたっぷり派】谷本さん(40代/公務員/乾燥肌用クリームの使用歴:4年)

 

いつも乾燥用クリームたっぷり塗って使います。少なめだと場所によっては乾燥してカサカサになってしまうので、ちょっと贅沢な気もしますが、やっぱりたっぷり塗ったほうが効果があると思います。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】新垣さん(40代/美容関係/乾燥肌用クリームの使用歴:5年)

 

乾燥用クリームたっぷり派です。
保湿効果を上げるためには、私の乾燥肌にはたっぷり塗る方が適していると思っているし、最初からたっぷり塗るものだと思っているからです。
私は、乾燥肌なので少量では浸透しきれない物足りなさもあるので、やぱりたっぷり塗ることで保湿効果アップです。


 

【乾燥用クリーム少なめ派】河野さん(30代/主婦/乾燥肌用クリームの使用歴:0年)

 

私は、乾燥用クリームたっぷり派ではありません。どうしてかというと、家事ですぐに落としてしまうことが多いからです。なんだかそれがもったいないから少ししか塗らないようになった要因だと思います。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】坂元さん(10代/雑貨販売/乾燥肌用クリームの使用歴:0年)

 

乾燥用クリームたっぷり派です。
寒い季節や暖房の強い職場にいるので、気分的に多くなることが多いです。
潤い不足を感じる時やお肌の透明感をアップさせたいと丁寧にスキンケアをしたい時には、多めにたっぷり塗ることがあります。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】高井さん(10代/学生/乾燥肌用クリームの使用歴:1年)

 

少ないと効果がないんじゃないの?と感じるので、乾燥用クリームたっぷり派になっています。
愛用し始めて1年になるけれど、やはり手抜きで少なめに塗ったら物足りなさを感じます。
どうせ塗るのなら効果が体感できるたっぷり塗る方が、私の肌質には合っていると思います。


 

【乾燥用クリーム少なめ派】岡さん(40代/ホテルフロント/乾燥肌用クリームの使用歴:1年)

 

乾燥用クリームたっぷり派ではありません。
少なめにしています。

 

なぜなら多く塗っても意味がないと聞いたことがあるからです。
乾燥肌クリームを使い始めて1年ですが、適量よりも少なめでも充分に浸透力があるので保湿も実感できています。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】小山さん(20代/音楽関係/乾燥肌用クリームの使用歴:2年)

 

私は以前は乾燥用クリームたっぷり派ではありませんでした。クリームを塗っても乾燥すると友人に話すと、たっぷり塗ることを勧められたんです。そして、いつもより多めに塗って見たところ肌がしっとりしていたんです。それからはたっぷりでないと落ち着きません。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】藤本さん(10代/フリーター/乾燥肌用クリームの使用歴:3年)

 

もちろん、私は乾燥用クリームたっぷり塗っています。
寒い季節に使うことが多い乾燥肌クリームなので、少なめとかありえないって思います。
もう3年も愛用しているけれど、たっぷり塗っているせいか乾燥は防げているので、毎年購入しています。


 

【乾燥用クリーム少なめ派】丹羽さん(20代/飲食店勤務/乾燥肌用クリームの使用歴:2年)

 

乾燥用クリームたっぷり派ではありません。
少なめ派ですが、少なくてもとくに困らないからです。

 

2年ほど愛用していますが、少なめでも肌の保湿は保てているので、困った感じはしません。
充分に乾燥を補ってくれている量だと思うので、私の肌質では少なくても充分です。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】堀越さん(40代/公務員/乾燥肌用クリームの使用歴:4年)

 

気がつけば私は、乾燥用クリームたっぷり派になっていました。そして、私の周りの方々も少なめに塗る人なんているの?という感じです。冬場の母親の痛々しい手指をまじまじと見てきた私にとって乾燥は想像するだけでも嫌です。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】川合さん(30代/主婦/乾燥肌用クリームの使用歴:5年)

 

私は、乾燥用クリームたっぷり派です。どうしても、冬場は多めに乾燥用クリームで保湿しておかないと不安で仕方ありません。乾燥によるひび割れで昔、酷い目にあったのでそれからは乾燥が恐ろしいです。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】野上さん(10代/アルバイト/乾燥肌用クリームの使用歴:0年)

 

自分が乾燥肌だと感じるようになったのは、つい最近です。お風呂上りに乾燥用クリームたっぷりのマッサージを始めました。多く塗ったほうが良い気がするので、手頃な価格のものを選んで、ドンドン使っています。お肌の手入れをすると、大人になった感じがします。次に何を使うか選ぶのも楽しみです。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】三輪さん(10代/学生/乾燥肌用クリームの使用歴:1年)

 

私は、乾燥しがちなので乾燥用クリームたっぷり塗ります。
特に、秋から冬にかけては、油断していると乾燥してしまう傾向があるので、その季節は特にたっぷり塗ることで乾燥防止になるからです。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】大城さん(30代/サービス業/乾燥肌用クリームの使用歴:2年)

 

乾燥用クリームたっぷり派です。
クリームをたっぷり塗るようになってからは、冬場の乾燥もしにくくなったと感じています。
また、肌質が似ている家族がたっぷり塗るので、その方が効果的だと思って愛用しています。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】渡邊さん(40代/美容関係/乾燥肌用クリームの使用歴:3年)

 

乾燥用クリームたっぷり塗っています。
職業柄もあるし、周りの友達もたっぷりぬっているのでそれが正しい使い方だと思っています。
たっぷりと言っても、説明書で書かれている適量にややプラス程度なので、それでこそ乾燥肌に効果的な使い方になると思っていますし、実際に保湿効果も得られているからです。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】大塚さん(10代/フリーター/乾燥肌用クリームの使用歴:4年)

 

高校生の時から愛用していますが、少ないとあまり実感がないので乾燥用クリームたっぷり塗るのが習慣になっています。
少ないと後々保湿感が感じられないので、説明にあるような適量を塗り続けています。


 

【乾燥用クリームたっぷり派】宮島さん(40代/受付嬢/乾燥肌用クリームの使用歴:5年)

 

乾燥用クリームたっぷり派です。
年齢のせいもあり乾燥肌の傾向が強く、たっぷり塗る方がちゃんと塗れている感じがするからです。

 

5年前からクリームを愛用していますが、たっぷりと塗ることで効果が実感できています。
職場の空気が乾燥していることもあるので、やはりたっぷり塗り続けてこそ体感出来ていると思っています。


乾燥肌の人が気を付けるべきクリームの注意点

乾燥肌だからといってやみくもにクリームを塗ればいいということではありません。
乾燥の認識を誤っていると、自分の肌を傷つけることに繋がってしまいます。

 

【刺激は厳禁!】
乾燥は水分が失われることによって起こりますが、
元を辿れば保水力を保つ役割を持つ細胞の働きが肌のダメージ及び刺激を受けることによって低下することにあるのです。

 

そこで石油成分や化学物質、着色料、香料、アルコールなどが配合されたクリームや化粧品を使うと、
肌が刺激を受けて保湿力や保水力が低下するばかりで目立った効果が現れません。

 

刺激を避ける為にはもちろん刺激を受けることがない成分、そして無添加、無着色、無香料の低刺激のクリームなどを使うのがおすすめです。

 

【ゲルクリーム及びジェルクリームとは?】
クリームを使う上で気をつけなければならないのは、水分だけに特化したクリーム、
油分だけに特化したクリームを使うのでは保湿効果を期待するには至りません。

 

今では当たり前かもしれませんが、両方がバランスよく揃ってこそ保湿効果が発揮出来るのです。

 

【クリームの値段と効果の違いはある?】
「高い方が効果がある」、「安いと効果がない」などの意見があちこちにありますが、はっきりいって値段と効果は関係していません。

 

逆に値段が高いものを使っても効果が現れなかったり肌に合わなかったり、安いものを使ったら効果があったりするので一概にはいえないのです。

 

大事なのは値段ではなく、いかに肌に刺激を与えずに自分に合ったものを使うかが鍵なんですね。

 

確かに気分的な問題もあるでしょうが、経済的な問題を考慮するとなると高いクリームを使い続けるのはおすすめ出来ないでしょう。

 

値段に惑わされず、自分に合ったクリームを見つけて使いましょう。

当サイトがおすすめする乾燥肌のクリームランキング

アヤナス(ディセンシア)

ポーラ・オルビスグループの乾燥肌・敏感肌専用ブランド、ディセンシア。
そのディセンシアの中でもエイジングケアにも効果的なのがアヤナスです。

 

乾燥肌の場合、多くの方が敏感肌でもあることが知られています。
あなたは大丈夫ですか?

 

アヤナスは敏感肌の方でも安心してしっかりと保湿できるように考えられた基礎化粧品ライン。
保湿で注目されている成分、セラミドがより浸透しやすいように開発済み。
今まで保湿化粧品が合わないことが多かった方はトライしてみる価値あり!です。

 

ディセンシア・アヤナス公式サイト

ヒフミド(小林製薬)

スキンケア

ヒフミドもセラミドをより浸透しやすいように工夫された基礎化粧品です。

 

製薬会社の開発した基礎化粧品なので、安全性にも定評あり!です。
しかもセラミドをトライアルの全基礎化粧品に配合してあります。

 

ヒフミド公式サイト

ライスフォース


プロ御用達で知られるライスフォースはお米から作った成分を配合。
敏感肌や乾燥肌でも十分保湿できると評判。
トライアルにプラスして美白もできるセットもあるので、保湿と同時に美白もしたい方にはオススメです。

 

ライスフォース公式サイト 

スキンケア情報

乾燥肌のケアで時間がない方はオールインワンゲルがおすすめです。
1つで全てのケアができてしまうので、忙しい方にはピッタリです。
また最近ではオールインワンゲルと言っても美白、保湿、エイジングケアと効果もいろいろ。
選び方が分からない方はこのサイトで調べてみてもいいかも知れません。
オールインワンゲル